スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

駄文

ごきげんようペル人でござるm(_ _)m

いつもどおりアマツ在住。
あと一週間でトレハンから開放される・・。
もうここまでやったら最後まで駆け抜けるのみですな。
2垢12キャラで4週間掘り続けた場合どうなるのかは、
来週報告する予定です。

何回か前の日記で
スドリに対する戦い方みたいなものを書いたけど、
あれ今回のアマツ城では使えないね。
これだけ何回もスドリと戦うことができるとは思ってなかったので
多少は戦い方も変わってきた、まあそんなに選択肢無いけどw

相変わらず個人的戦法なんだけど
今回はお互いの体力がイーブンなので
カウンターを狙うのは反撃分相手にチャンスを与える結果になりやすい。
普通に攻撃があたり続ければダメージの誤差はあるものの
こっちが先手なので勝つことができる。

よって
カウンターは狙わず、攻撃→避けるで今はやってます。
あまりにも攻撃をはずしまくって
分が悪いときにカウンターにかけるのはアリかもしれない。
分が悪くても冷静に避けるを選択し攻撃を続けることで、
逆転するケースもあるので結果論になっちゃうかも。

カウンター失敗を会話キャンセルするという方法が、
神器の方では使えるらしいけど
ここでそれやるとスドリが怒ってHPが150になるので注意w

あくまで神器クエのほうは相手とも体力差を埋めるために、
カウンターを狙っていたけど、
この感じだと神器の方も攻撃→避けるで回数回した方が
早く倒せる可能性もあるね。

人によっては「で?」っていう内容なんですけどね。

これはやらねーだろと思っていたスロットも
昨日は春珠フィーバーだったのでやってみた。

一回に珠が10個とかwwww
ねーよwwwww
と思ってたけど珠が大量に余ってるという条件下なら
ありな選択肢かもしれない。
どうせ江戸彼岸の個数分しか玉手箱には交換できないわけだし。
10個も使うしあたりやすいのかなと思ってたけど
別にあたりやすくはない。あたりにくくも無い感じ。
回した回数が20くらいで当たったの3回くらいだったけど
お触れが春珠フィーバーだったのと
暗がそろって本来5個のところ10個。
内訳が
山桜1
江戸彼岸9
だったのでよかった。
そろったシンボルによっては江戸彼岸でやすいらしい、
多分もらえる数が同じなら上の順位の方かな?

珠が今後どこかで使えるとかどうかは分からないので
あまらせるくらいなら転送とかで使う分はちょっととっといて
スロット回すのもいいかもね。

金魚すくいはよく失敗するのであまりやってない・・・。
得意な人はすごろくの待ち時間を無駄にしないで珠集めができますな。


最近、トレハン消化でなんとなく力尽きてしまうので
狩りにあまりいけてない・・・。
溜まり場のレベル底辺が自分なので、
HWくらいはブラゴレ行ってBASEだけでも少しづつ上げていこうとは思ってます。
何とか公平が組めるレベルまで。
狩りに付いていかないで留守番って言って、
ソロでレベル上げとかしてもいいんだけど、
顔出しちゃったら、そこにいる面子で狩りに行くみたいな空気で
自分がいるとPT分けないといけないし
レベルが下のほうのPTはあんまり経験値が入らない。
何も言われないけど、自分が少し気にしてる部分もあったり。

他のキャラ上げたいとか色々あるんだけど、
人と狩りする以上、自分の都合ばかり言っていられないし
みんなが自分のやりたいキャラで楽しく狩りにいけるようにしたい。

自分の周りってたいていこのキャラって決まってていろんな職もってる人少ない。
後みんな持ってるけどプリメインの人は少ない。
なのでHW上げてとりあえず公平できるラインに→プリを上げる(MEだけどな)
が現在の課題になります。
全体のこと考えると公平が最低ラインなのにそれを下回ってるっていう・・・。
組めないので参加しないっていうとそれも気を使わせる原因になりそう。
自分が原因で全体に悪影響とか多分考えすぎだけど最悪やー。

ゲームでもなんでもそれなりに時間使って頑張らないと、
楽しめないので、もっと頑張りたいと思います。
疲れすぎない程度にね、今ちょっと疲れてるけどw
では失敬するm(_ _)m


とりあえず一歩でも前へ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:ヘルシアさん
Olrun・Vali・Breidablik在住
更新速度はゆとり(*´д`)

ついったー
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
著作権
このページ内における「ラグナロクオンライン」から転載された全てのコンテンツの著作権につきましては、運営元であるガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社と開発元である株式会社Gravity並びに原作者であるリー・ミョンジン氏に帰属します。
© Gravity Co., Ltd. & LeeMyoungJin(studio DTDS) All rights reserved. © 2008 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved. なお、当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。