スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水曜 マゾ部 PD4

どうも僕ですm(_ _)m

モンクステスキルリセットして水曜恒例のマゾ部を迎えました。
今日はPD4です。

水曜日 マゾ部 PD4

不吉な一枚の絵のような構図になったw

題名は「ムックの叫び<メテオストーム」

結局スキルどうするか決まんなくて、狩しながら決める事にした。

支援さんがこなかったらヒール10にするつもりだったが
あにゃほさんが来てくれた。
これでかつる!!

とりあえずヒール10コースは保留。

残るは残影コースか阿修羅か・・・。

前にも書いたけど、アヌビス1確して回ってる高レベルのプレイヤーがいるので
コースがかぶらなければ沸きはかなりいいです。

とりあえず何も言われないので適当に支援まわしてたけど、
途中から支援回しをやめて様子見。

そこで書記長の天の声

「支援に負担がかかるので索敵は抑え目に」

残影コースも消えたー。
(飛翼氏が攻撃型になったと聞いたときにほぼ消えてたけどw

狩りの途中でヒール10にして支援はあまり回さず、
HPが減ってる人にヒールしたりGXでアヌビスなぐったりしてました。
アヌビス殴ってない時はディバインクロス。

闇ブレスとか入れてたけどQMしてもらってたからこれも途中から控えめに。
ブレス混みでINT70にしてたからSPはかなり余裕だった。
実はSTRは1だった(笑)

飛翼攻撃型のHXがなかなか強烈だった。
が献身とかなくなっちゃったのでやっぱ荒れるね。
TSも痛い、SBは大抵のメンバーが即死。
今日は運良くSB直撃しなかったので自分は床ペロしなかった。

途中で支援回しをやめたのは、
それは自分の仕事ではないと思ったからで(サボリじゃ無いよ)
プリさんが居て、何も言われていないのにでしゃばる必要もないかなと。

その結果多少支援が途切れてもいいと思うし
切れててほしければ支援くださいって言えばよし(言わない人もいるかな)。

これからは状況を見つつにヒールとかはかけて、
もし分担しようって提案があったら何人か受け持って
後はプリさんよろしくおねがいしまっす!!でいくかも(未定

残念ながら服はでなかった、非常に残念です・・・。
自分はけっこうPD4好きなので、ぬるかったという声も聞くけど
ソロで遊びに来たい所です。
メカは・・・地デリだと闇SSが痛いだるいので
WLとか影葱とかがいいかな?

WLとかでこういう狩場にソロで来て、きれいに狩れたら楽しそう。
ピラ地下でアヌビス狩った時は細かい被弾が多くて、
SPもカツカツだったしあまりうまく狩れなかった。
ついでにモーラの納品アイテムも集まるし、一発レアもあるしね。

狩り終わった後、モンクの残りスキルをどうするか考えた結果
STR1はやめていくらか振って、連打と猛龍を5に見切りを9に。
2ポイントあまってるけど、白羽2(2でどの程度使えるか不明)にするか
金剛3→5にするかは保留。

攻撃力不足はINT振ってるので、コンボ多目にできる分で補って
攻撃補助、支援補助、たまに壁もできるような器用貧乏タイプになりました。
お試しで崑崙フィールドのポタがあったので10分ほど狩りに。

ついでに爪装備していったんだけどASPDが超速くなってたwww
AGI控えめなのに前よりASPDが4上がってる・・・、爪ぱない。
団子とコウのHPも下がってるみたいでサクサク狩れる。
INT高くしたから毎回連打いれてもSPはけっこう余裕。

またカードでも狙ってみるかなー。
モンクで崑崙フィールドも気奪で団子寄せたり、
コンボ叩き込んだりでなかなか面白いんだよね。
カードの夢も一応あるしw

経験値も上納50%かかってるはずだけど、200~300くらい入ってたので
R換算で2000~3000くらいか上納はずせばもっと?
なんか増えてるな。敵も増えたような気がする、気のせいかもしれんけど。

そんな感じでした、ではまた来週ノシ


爪大好きなコンボマニアはぽちっと
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ゼロからオーラを目指してみよう!第25回

水曜日恒例、ゼロからオーラ。25回目です。なんだこの木。誰が変態か。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:ヘルシアさん
Olrun・Vali・Breidablik在住
更新速度はゆとり(*´д`)

ついったー
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
著作権
このページ内における「ラグナロクオンライン」から転載された全てのコンテンツの著作権につきましては、運営元であるガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社と開発元である株式会社Gravity並びに原作者であるリー・ミョンジン氏に帰属します。
© Gravity Co., Ltd. & LeeMyoungJin(studio DTDS) All rights reserved. © 2008 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved. なお、当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。